産業用電力インバータの世界市場レポート2023-2029

 

 

産業用電力インバータ市場の概要

QYResearchが発行した最新市場調査レポート「産業用電力インバータの世界市場レポート 2023-2029年」によると、産業用電力インバータの世界市場規模は2029年までに15640 百万米ドルに達し、予測期間中の年平均成長率は4.6%と予測されています。

産業用電力インバータは、バッテリーや他の電源からの直流電力を交流電力に変換する電子機器である。産業用機器や機械を操作するために使用され、クリーンで中断のない信頼性の高い電力を必要とする多くの産業プロセスに不可欠である。これらのインバータは、産業における重要な電力負荷に対応し、直流電圧を安定した周波数と一定の振幅を持つ正弦波交流電流に変換し、産業機器に一貫した継続的な電力供給を提供します。

インバータは、電気モーターの速度やトルクを制御します。

ACドライブ、可変速ドライブ(VSD)、可変周波数ドライブ(VFD)と呼ばれることもあります。正しくは周波数コンバータです。周波数変換器は電源とモーターの間に設置されます。電源からの電力はドライブに送られます。ドライブが電力を調整し、それがモーターに供給される。ドライブ内部では、入力電力は整流器を通って、入力された交流電力を直流電力に変換します。

直流電力は次にドライブ内部のコンデンサに供給され、電気波形を平滑化し、次のステップにクリーンな電源を供給する。その後、コンデンサーからインバーターに電力が流れ、インバーターが直流電力をモーターに供給する出力交流電力に変えます。このステップにより、ドライブは現在のプロセス要求に基づいてモーターに供給される周波数と電圧を調整することができます。つまり、AC電源は必要な要求の速度またはトルクに合わせて運転されます。これが、当社のACドライブを使用することでコストを大幅に削減できる理由です。

図.   産業用電力インバータの世界市場規模(百万米ドル)、2018年~2029年

QYResearchの調査に基づく、または含まれています: 産業用電力インバータの世界市場レポート 2023-2029.

市場促進要因:

技術の進歩: 産業用電力インバータ市場は、より効率的で信頼性の高いインバータを生み出す継続的な技術進歩によって牽引されている。

工業化と都市化の進展: 発展途上国における急速な工業化と都市化が、産業用電力インバータ需要を牽引している。

バックアップ電源ソリューションへのニーズの高まり: 電子機器や機械への依存度が高まるにつれ、産業界はダウンタイムを最小限に抑え、中断のない操業を確保するためのバックアップ電源ソリューションの重要性を認識しつつある。

制約:

初期投資の高さ: 産業用電力インバータは、設置やメンテナンスに多額の資金を必要とする。これは、予算が限られている中小企業にとっては足かせとなる。

設置と統合の複雑さ: 産業用電力インバータは、専門家による設置と既存の電力システムへの統合を必要とする。このプロセスは複雑で時間がかかり、遅延と追加コストにつながる可能性がある。

限られた効率: 技術の進歩にもかかわらず、産業用電力インバータは変換プロセスでエネルギー損失を経験している。

傾向:

技術の進歩: 産業用電力インバータ市場では、より効率的でコンパクトなインバータにつながる技術の進歩が続いている。こうした進歩には、炭化ケイ素(SiC)や窒化ガリウム(GaN)などの先端半導体材料の使用が含まれ、より高い電力密度と効率の向上を実現している。

エネルギー効率重視の高まり: エネルギー効率とエネルギー消費の削減がますます重視されるようになり、産業用電力インバータはより高い効率で動作するように設計されている。

競争の激化: パワーインバータの競争は激化の一途をたどると予想される。技術の進歩や顧客需要の増加に伴い、各社は競争環境において優位に立つために、継続的な技術革新と製品の改良を行う必要がある。

図.   産業用電力インバータ世界トップ19社ランキングとシェア(随時更新)

QYResearchの調査に基づく、または含まれています: 産業用電力インバータの世界市場レポート 2023-2029.

 

産業用電力インバーターの世界の主要メーカーには、ABB、シーメンスシュナイダーエレクトリック、ダンフォス、安川電機、ロックウェルオートメーション、三菱電機富士電機、イノバンス・テクノロジー、デルタ電子などが含まれる。2022年、世界の上位10社の売上高シェアは約67.0%であった。上図は、産業用電力インバータにおける主要企業の売上高ランキングである。

 

 

図.   産業用電力インバーターの世界市場規模、製品セグメント別内訳



 

QYResearchの調査に基づく、または含まれています: 産業用電力インバータの世界市場レポート 2023-2029.

 

製品タイプ別では、高圧インバータが42.2%のシェアを占め、最大のセグメントとなっている、

 

図.   産業用電力インバーターの世界市場規模、アプリケーションセグメント別分割



 

QYResearchの調査に基づく、または含まれています: 産業用電力インバータの世界市場レポート 2023-2029.

 

 

図.   産業用電力インバーターの世界市場規模、地域別構成(生産)



 

QYResearchの調査に基づく、または含まれています: 産業用電力インバータの世界市場レポート 2023-2029.

 

 

図.   産業用電力インバーターの世界市場規模、地域別内訳



 

QYResearchの調査に基づく、または含まれています: 産業用電力インバータの世界市場レポート 2023-2029.

 

 

 

 

 

著者について

Xiaohu Tan

筆頭著者

研究分野: 再生可能エネルギー太陽光発電風力発電半導体など

Hui Liang

研究分野: 再生可能エネルギー、ソーラー機器、水素エネルギー機器など

 

QYResearchについて

QYResearchは2007年に米国カリフォルニア州に設立された世界的な市場調査とコンサルティングのリーディングカンパニーです。16年以上の経験と世界各都市の専門調査チームにより、QYResearchは経営コンサルティング、データベース、セミナーサービス、IPOコンサルティング、業界チェーン調査、カスタマイズ調査に重点を置き、クライアントに非線形収益モデルを提供し、成功に導くお手伝いをしています。QYResearchは、その幅広いサービスポートフォリオ、良き企業市民としての姿勢、持続可能性への強いコミットメントにより、世界的に認められています。現在までに、世界5大陸で60,000社以上のお客様とお取引をさせていただいております。皆様とともに、大胆でより良い未来を築いていきましょう。

QYResearchは世界的に有名な大規模コンサルティング会社です。半導体産業チェーン(半導体設備と部品、半導体材料、IC、ファウンドリー、パッケージングとテスト、ディスクリートバイス、センサー、オプトエレクトロニクスデバイス)、太陽光発電産業チェーン(設備、セル、モジュール、補助材料ブラケット、インバーター発電所端末)、新エネルギー自動車産業チェーン(電池と材料、自動車部品、バッテリー、モーター、電子制御、自動車用半導体など)、通信産業チェーン(通信システム設備、端末設備、電子部品、RFフロントエンド、光モジュール、4G/5G/6G、ブロードバンド、光通信モジュール)、通信産業チェーン(通信システム設備、端末設備、電子部品、RFフロントエンド、光通信モジュール、4G/5G/6G、ブロードバンド、光通信モジュール)など、様々なハイテク産業チェーンの市場セグメントをカバーしています。 通信産業チェーン(通信システム設備、端末設備、電子部品、RFフロントエンド、光モジュール、4G/5G/6G、ブロードバンド、IoT、デジタル経済、AI)、先端材料産業チェーン(金属材料、高分子材料、セラミック材料、ナノ材料など)、機械製造産業チェーン(CNC工作機械、建設機械、電気機械、3Cオートメーション、産業用ロボット、レーザー、産業用制御、ドローン)、食品・飲料・医薬品、医療機器、農業など。

■レポートの詳細内容・無料サンプルお申込みはこちら
https://www.qyresearch.co.jp/reports/745403/industrial-power-inverter 

 

■世界トップレベルの調査会社QYResearch
https://www.qyresearch.co.jp

■本件に関するお問い合わせ先
QY Research株式会社

日本現地法人の住所: 〒104-0061東京都中央区銀座 6-13-16 銀座 Wall ビル UCF5階
TEL:050-5893-6232(JP);0081-5058936232
マーケティング担当 japan@qyresearch.com