ベキサロテン APIの市場動向および予測:タイプ別、アプリケーション別、会社別、地域別2023-2029

2023年11月29日に、QYResearchは「グローバルベキサロテン APIに関する調査レポート, 2023年-2029年の市場推移と予測、会社別、地域別、製品別、アプリケーション別の情報」の調査資料を発表しました。ベキサロテン APIの市場生産能力、生産量、販売量、売上高、価格及び今後の動向を説明します。世界市場の主要メーカーの製品特徴、製品規格、価格、販売収入及び世界市場の主要メーカーの市場シェアを重点的に分析する。過去データは2018年から2022年まで、予測データは2023年から2029年までです。

 

コロナ禍によって、ベキサロテン API(Bexarotene API)の世界市場規模は2022年に 百万米ドルと予測され、2029年まで、%の年間平均成長率(CAGR)で成長し、 百万米ドルの市場規模になると予測されています。

 

 

本レポートがもたらすもの:

本レポートは、ベキサロテン API市場に関する包括的な情報を提供することを目的とし、以下の点に焦点を当てています。

1.市場データの提供:ベキサロテン API市場の過去データ(2018年~2022年)と予測データ(2029年まで)を提供し、市場の成長トレンドを特定します。

2.セグメンテーションと構造:主要地域/国、製品タイプ、用途に基づく市場セグメントを示し、市場の構造とダイナミクスを理解します。

3.主要メーカーの分析:ベキサロテン API市場における主要なメーカーを特定し、販売量、価値、市場シェア、競争環境、SWOT分析、今後数年間の開発計画に焦点を当てて詳細に分析します。

4.成長動向と展望:ベキサロテン APIの成長動向、将来の展望、市場全体への貢献度に関する情報を提供します。

5.主要な要因の分析:市場の成長に影響を与える主要な要因(成長性、機会、促進要因、業界特有の課題、リスク)について詳細に説明します。

6.地域別予測:主要地域/国別のベキサロテン APIサブマーケットの消費量を予測し、地域ごとの市場動向を分析します。

7.競合動向の分析:市場における競合他社の動きを追跡し、事業拡大、契約、新製品発売、買収などの競争戦略を分析します。

8.メーカー情報:主要プレイヤーを戦略的にプロファイリングと成長戦略を包括的に分析します。本レポートは、ベキサロテン API市場に関する包括的な情報を提供し、企業や投資家が戦略的な意思決定を行う際に役立つ情報を提供します。

 

■レポートの詳細内容・無料サンプルお申込みはこちら
https://www.qyresearch.co.jp/reports/741627/bexarotene-api 

 

【総目録】

1 世界のベキサロテン API市場概況:製品概要、製品別の市場規模、売上

市場シェア、販売量、平均販売単価(ASP)の推移と予測(2018-2029)
2 世界のベキサロテン API会社別の市場競争:製造拠点、販売エリア、製品タイプ、競争状況と動向と販売量、売上、平均販売単価のベース(2018-2023)

3 ベキサロテン API地域別の状況と展望:地域別の市場規模とCAGR(2018 VS 2022 VS 2029)、販売量、売上、単価と粗利益の推移と予測(2018-2029)

4 ベキサロテン APIアプリケーション別:アプリケーション別の市場規模、販売量、売上、平均販売単価(ASP)の推移と予測(2018-2029)

5 北米ベキサロテン API国別の市場概況:販売量、売上(2018-2029)

6 ヨーロッパベキサロテン API国別の市場概況:販売量、売上(2018-2029)

7 アジア太平洋地域ベキサロテン API国別の市場概況:販売量、売上(2018-2029)

8 ラテンアメリカベキサロテン API国別の市場概況:販売量、売上(2018-2029)

9 中東とアフリカベキサロテン API国別の市場概況:販売量、売上(2018-2029)

10 主な会社とそのデータ:企業情報、主なベキサロテン API製品の販売量、売上、粗利益、最近の開発(2018-2023)

11 原材料、産業課題、リスクと影響要因分析

12 マーケティング戦略分析、ディストリビューター

13 研究成果と結論

14 付録

 

QYResearch(QYリサーチ)は2007年に設立され、主な事業内容は、市場調査レポート、リサーチレポート、F/S、委託調査、IPOコンサル、事業計画書などの業務を行い、お客様のグローバルビジネス、新ビジネスに役に立つ情報やデータをご提供致します。米国、日本、韓国、中国、ドイツ、インドの6カ国に拠点を持ち、世界30か国以上においてビジネスパートーと提携しています。今までに世界160ヵ国以上、6万社余りに産業情報サービスを提供してきました。

 

■世界トップレベルの調査会社QYResearch
https://www.qyresearch.co.jp 
■本件に関するお問い合わせ先
QY Research株式会社

日本現地法人の住所: 〒104-0061東京都中央区銀座 6-13-16 銀座 Wall ビル UCF5階
TEL:050-5893-6232(JP);0081-5058936232
マーケティング担当 japan@qyresearch.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボセンタン水和物原薬の市場動向および予測:タイプ別、アプリケーション別、会社別、地域別2023-2029

2023年11月29日に、QYResearchは「グローバルボセンタン水和物原薬に関する調査レポート, 2023年-2029年の市場推移と予測、会社別、地域別、製品別、アプリケーション別の情報」の調査資料を発表しました。ボセンタン水和物原薬の市場生産能力、生産量、販売量、売上高、価格及び今後の動向を説明します。世界市場の主要メーカーの製品特徴、製品規格、価格、販売収入及び世界市場の主要メーカーの市場シェアを重点的に分析する。過去データは2018年から2022年まで、予測データは2023年から2029年までです。

 

コロナ禍によって、ボセンタン水和物原薬(Bosentan Hydrate API)の世界市場規模は2022年に 百万米ドルと予測され、2029年まで、%の年間平均成長率(CAGR)で成長し、 百万米ドルの市場規模になると予測されています。

 

 

本レポートがもたらすもの:

本レポートは、ボセンタン水和物原薬市場に関する包括的な情報を提供することを目的とし、以下の点に焦点を当てています。

1.市場データの提供:ボセンタン水和物原薬市場の過去データ(2018年~2022年)と予測データ(2029年まで)を提供し、市場の成長トレンドを特定します。

2.セグメンテーションと構造:主要地域/国、製品タイプ、用途に基づく市場セグメントを示し、市場の構造とダイナミクスを理解します。

3.主要メーカーの分析:ボセンタン水和物原薬市場における主要なメーカーを特定し、販売量、価値、市場シェア、競争環境、SWOT分析、今後数年間の開発計画に焦点を当てて詳細に分析します。

4.成長動向と展望:ボセンタン水和物原薬の成長動向、将来の展望、市場全体への貢献度に関する情報を提供します。

5.主要な要因の分析:市場の成長に影響を与える主要な要因(成長性、機会、促進要因、業界特有の課題、リスク)について詳細に説明します。

6.地域別予測:主要地域/国別のボセンタン水和物原薬サブマーケットの消費量を予測し、地域ごとの市場動向を分析します。

7.競合動向の分析:市場における競合他社の動きを追跡し、事業拡大、契約、新製品発売、買収などの競争戦略を分析します。

8.メーカー情報:主要プレイヤーを戦略的にプロファイリングと成長戦略を包括的に分析します。本レポートは、ボセンタン水和物原薬市場に関する包括的な情報を提供し、企業や投資家が戦略的な意思決定を行う際に役立つ情報を提供します。

 

■レポートの詳細内容・無料サンプルお申込みはこちら
https://www.qyresearch.co.jp/reports/741626/bosentan-hydrate-api 

 

【総目録】

1 世界のボセンタン水和物原薬市場概況:製品概要、製品別の市場規模、売上

市場シェア、販売量、平均販売単価(ASP)の推移と予測(2018-2029)
2 世界のボセンタン水和物原薬会社別の市場競争:製造拠点、販売エリア、製品タイプ、競争状況と動向と販売量、売上、平均販売単価のベース(2018-2023)

3 ボセンタン水和物原薬地域別の状況と展望:地域別の市場規模とCAGR(2018 VS 2022 VS 2029)、販売量、売上、単価と粗利益の推移と予測(2018-2029)

4 ボセンタン水和物原薬アプリケーション別:アプリケーション別の市場規模、販売量、売上、平均販売単価(ASP)の推移と予測(2018-2029)

5 北米ボセンタン水和物原薬国別の市場概況:販売量、売上(2018-2029)

6 ヨーロッパボセンタン水和物原薬国別の市場概況:販売量、売上(2018-2029)

7 アジア太平洋地域ボセンタン水和物原薬国別の市場概況:販売量、売上(2018-2029)

8 ラテンアメリカセンタン水和物原薬国別の市場概況:販売量、売上(2018-2029)

9 中東とアフリカボセンタン水和物原薬国別の市場概況:販売量、売上(2018-2029)

10 主な会社とそのデータ:企業情報、主なボセンタン水和物原薬製品の販売量、売上、粗利益、最近の開発(2018-2023)

11 原材料、産業課題、リスクと影響要因分析

12 マーケティング戦略分析、ディストリビューター

13 研究成果と結論

14 付録

 

QYResearch(QYリサーチ)は2007年に設立され、主な事業内容は、市場調査レポート、リサーチレポート、F/S、委託調査、IPOコンサル、事業計画書などの業務を行い、お客様のグローバルビジネス、新ビジネスに役に立つ情報やデータをご提供致します。米国、日本、韓国、中国、ドイツ、インドの6カ国に拠点を持ち、世界30か国以上においてビジネスパートーと提携しています。今までに世界160ヵ国以上、6万社余りに産業情報サービスを提供してきました。

 

■世界トップレベルの調査会社QYResearch
https://www.qyresearch.co.jp 
■本件に関するお問い合わせ先
QY Research株式会社

日本現地法人の住所: 〒104-0061東京都中央区銀座 6-13-16 銀座 Wall ビル UCF5階
TEL:050-5893-6232(JP);0081-5058936232
マーケティング担当 japan@qyresearch.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

屋内用太陽電池調査レポート:市場規模推移、シェア、促進要因、トレンド予測2023-2029

 

 

屋内用太陽電池の概要

屋内用太陽電池(低照度太陽電池と呼ばれることもある)は、屋内の光条件下で発電できる光起電力製品であり、一般に、電卓、電子時計、ウォブラー、光起電力溶接マスク、電子体重計、電子速度計、自動車のイモビライザーなど、屋内や光強度が高くない環境で使用される小型電子製品に使用される。



 

屋内用太陽電池市場概要

QYResearchが発行した最新市場調査レポート「屋内用太陽電池の世界市場レポート 2023-2029年」によると、屋内用太陽電池の世界市場規模は2023年の179.49百万米ドルから2029年には348.78百万米ドルに成長し、予測期間中の年平均成長率は11.7%と予測されている。

図.   屋内用太陽電池の世界市場規模(百万米ドル)、2018~2029年

QYResearchの調査に基づく、または含まれています: 屋内用太陽電池の世界市場レポート 2023-2029.

屋内用太陽電池のドライバー:

推進要因 :再生可能エネルギーへの需要の高まりは、屋内用太陽電池の研究開発を促進し、持続可能性という広範な目標に貢献する。

推進要因 :環境意識の高まりは、環境への影響を低減するために屋内用太陽電池を含むクリーンエネルギー技術の採用を促進する。

推進要因: 屋内用太陽電池は、特に送電網のない場所や遠隔地でのエネルギー自給を可能にし、エネル ギー安全保障に貢献する。

推進要因: 効率向上や新素材など、太陽電池技術の継続的な進歩が屋内用太陽電池の開発と採用を促進する。

推進要因: 太陽電池の製造コストが低下するにつれて、屋内用太陽電池は経済的に実行可能なものとなり、より広範な用途にとって魅力的なものとなる。

屋内用太陽電池の制約条件:

制約: 屋内環境は通常、屋外に比べて太陽光のレベルが低いため、太陽電池の全体的なエネルギー生産能力が低下する。

制約: 制約:屋内空間では利用可能なスペースが限られていることが多く、太陽電池パネルに適した場所を見つけるのは挑戦的である。

制約: 制約:ソーラーパネルを屋内に設置するための初期費用と、エネルギー貯蔵ソリューションの必要性が、普及の障壁となる可能性がある。

制約: 制約:屋内環境によっては、ソーラー・パネルの外観やデザインへの統合が懸念され、ソーラー・パネル の受容に影響を与える可能性がある。

屋内用太陽電池の機会:

機会: 継続的な研究開発により、透明な太陽電池や屋内用太陽電池の効率向上などの新技術を生み出すことができる。

機会: 効率的な電池などのエネルギー貯蔵技術の進歩は、低照度時に使用する余剰エネルギーを貯蔵することで、屋内用太陽電池を補完することができる。

機会: 太陽電池を建築構造に組み込むこと(BIPV)は、太陽電池技術を建築設計にシームレスに組み込む機会を提供する。

機会: 政府による支援政策、インセンティブ補助金により、屋内用太陽電池の導入が促進され、経済的に実行可能性が高まる。

機会: グリーンビルディングの基準や認証がますます重視されるようになり、屋内用太陽電池を含む太陽エネル ギー・ソリューションの建築設計への統合が促進される可能性がある。

機会: 屋内用太陽電池は、センサー、IoT 機器、非常用照明システムなど、オフグリッド・アプリケーショ ンでの利用機会を見出すことができる。

図.   屋内用太陽電池の世界トップメーカーランキングとシェア(随時更新)

QYResearchの調査に基づく、または含まれています: 屋内用太陽電池の世界市場レポート 2023-2029.

本レポートは、屋内用太陽電池の主要メーカーであるパワーフィルム、パナソニック、リコー、フジクラ、3Gソーラーを紹介している。

2022年、屋内用太陽電池の世界上位5社は売上高で市場シェアのxx%を占める。上図は、屋内用太陽電池の売上高でランク付けされた主要プレーヤーを示している。

図.   屋内用太陽電池、世界市場規模、製品セグメント別分割

 

QYResearchの調査に基づく、または含まれています: 屋内用太陽電池の世界市場レポート 2023-2029.

製品タイプ別では、アモルファスシリコン太陽電池が最大のセグメントで、2022年にはxx%のシェアを占める。

図.   屋内用太陽電池、世界市場規模、アプリケーションセグメント別分割

 

QYResearchの調査に基づく、または含まれています: 屋内用太陽電池の世界市場レポート 2023-2029.

製品の用途別では、電子機器が最大の用途で、2022年にはxx%のシェアを占める。

 

図.   屋内用太陽電池の世界市場規模、地域別構成(生産量)



 

QYResearchの調査に基づく、または含まれています: 屋内用太陽電池の世界市場レポート 2023-2029.

図.   屋内用太陽電池、世界市場規模、地域別分割



 

QYResearchの調査に基づく、または含まれています: 屋内用太陽電池の世界市場レポート 2023-2029.

 

 

著者について

 

Yan He

QyResearch アナリスト

 

QyResearch アナリスト。QyResearchの一員として、Yan Heの専門は新エネルギー、エレクトロニクス、半導体。技術・市場レポートやカスタムプロジェクトの開発に従事。

QyResearchのインダストリー・アナリストとして2年の経験を持ち、新エネルギー、エレクトロニクス・半導体、機械・設備、化学品・材料を専門としています。技術的な知識を生かし、半導体業界に関する見識を深めている。

 

 

QYResearchについて

QYResearchは2007年に米国カリフォルニア州に設立された世界的な市場調査とコンサルティングのリーディングカンパニーです。16年以上の経験と世界各都市の専門調査チームにより、QYResearchは経営コンサルティング、データベース、セミナーサービス、IPOコンサルティング、業界チェーン調査、カスタマイズ調査に重点を置き、クライアントに非線形収益モデルを提供し、成功に導くお手伝いをしています。QYResearchは、その幅広いサービスポートフォリオ、良き企業市民としての姿勢、持続可能性への強いコミットメントにより、世界的に認められています。現在までに、世界5大陸で60,000社以上のお客様とお取引をさせていただいております。皆様とともに、大胆でより良い未来を築いていきましょう。

QYResearchは世界的に有名な大規模コンサルティング会社です。半導体産業チェーン(半導体設備と部品、半導体材料、IC、ファウンドリー、パッケージングとテスト、ディスクリートバイス、センサー、オプトエレクトロニクスデバイス)、太陽光発電産業チェーン(設備、セル、モジュール、補助材料ブラケット、インバーター発電所端末)、新エネルギー自動車産業チェーン(電池と材料、自動車部品、バッテリー、モーター、電子制御、自動車用半導体など)、通信産業チェーン(通信システム設備、端末設備、電子部品、RFフロントエンド、光モジュール、4G/5G/6G、ブロードバンド、光通信モジュール)、通信産業チェーン(通信システム設備、端末設備、電子部品、RFフロントエンド、光通信モジュール、4G/5G/6G、ブロードバンド、光通信モジュール)など、様々なハイテク産業チェーンの市場セグメントをカバーしています。 通信産業チェーン(通信システム設備、端末設備、電子部品、RFフロントエンド、光モジュール、4G/5G/6G、ブロードバンド、IoT、デジタル経済、AI)、先端材料産業チェーン(金属材料、高分子材料、セラミック材料、ナノ材料など)、機械製造産業チェーン(CNC工作機械、建設機械、電気機械、3Cオートメーション、産業用ロボット、レーザー、産業用制御、ドローン)、食品・飲料・医薬品、医療機器、農業など。

■レポートの詳細内容・無料サンプルお申込みはこちら
https://www.qyresearch.co.jp/reports/699245/indoor-solar-cell 

 

■世界トップレベルの調査会社QYResearch
https://www.qyresearch.co.jp

■本件に関するお問い合わせ先
QY Research株式会社

日本現地法人の住所: 〒104-0061東京都中央区銀座 6-13-16 銀座 Wall ビル UCF5階
TEL:050-5893-6232(JP);0081-5058936232
マーケティング担当 japan@qyresearch.com 

 

免疫比濁試薬調査レポート:市場規模推移、シェア、促進要因、トレンド予測2023-2029

 

 

免疫比濁試薬市場概要

QYResearchが発行した新しい市場調査レポート「免疫比濁試薬の世界市場レポート 2023-2029年」によると、免疫比濁試薬の世界市場規模は2029年までに7506.3百万米ドルに達し、予測期間中のCAGRは8.0%になると予測されています。

図.   免疫比濁試薬の世界市場規模(百万米ドル)、2018-2029年



QYResearchの調査に基づいているか、含まれています: 免疫比濁試薬の世界市場レポート 2023-2029.

市場促進要因:

診断検査の増加: 糖尿病、心血管疾患、感染症など様々な疾患の検査を含む診断検査の需要の高まりが、免疫比濁試薬の需要を牽引している。これらの試薬は、診断ラボで使用される臨床化学分析装置に不可欠なコンポーネントである。

高齢化人口の増加: 世界人口の高齢化が進むにつれ、診断検査を必要とする加齢に関連した疾患や症状の有病率が増加している。免疫比濁試薬はこれらの疾患のモニタリングや診断に重要な役割を果たし、市場の成長に寄与している。

ヘルスケアの進歩: 医療技術と診断技術の継続的な進歩により、より正確で感度の高い免疫比濁試薬が開発されている。この技術革新は、医療提供者や検査機関にこれらの試薬の採用を促し、市場をさらに押し上げている。

ポイントオブケア検査: 迅速かつ現場での診断が求められるポイントオブケア検査の傾向は、免疫比濁試薬の機会を生み出している。これらの試薬はポイントオブケア機器に適合させることができ、利便性と効率性を提供する。

意識の高まり: 病気の早期発見とモニタリングの重要性に対する医療従事者と患者の意識の高まりが、免疫比濁試薬を含む診断ツールの需要を促進している。

 

制約:

高コスト: 免疫比濁試薬市場の大きな制約の1つは、これらの試薬とその使用に必要な機器に関連するコストが高いことである。このため、小規模の医療施設や検査室にとっては経済的な挑戦となり、導入が制限される可能性がある。

規制上のハードル: 診断用試薬に対する厳しい規制要件と承認プロセスが市場の成長を鈍らせる可能性がある。規制基準の遵守や必要な承認の取得には時間とコストがかかる。

代替技術との競合: 市場は、分子診断や免疫測定などの代替診断技術との競争に直面している。これらの技術にはそれぞれ異なる利点があり、用途によってはそちらの方が好まれる場合もあるため、免疫比濁試薬市場にとっては挑戦の場となる。

機会:

新興市場新興市場、特に医療インフラが整備され、医療支出が増加している地域への進出は、免疫比濁試薬メーカーにとって大きな機会となる。これらの市場は市場拡大のための未開拓の可能性を秘めている。

個別化医療個別化医療のトレンドは、より正確で的を絞った診断ツールを必要としている。免疫比濁試薬は、個々の患者に合わせた治療を行うための正確なバイオマーカー測定を提供することで、その一翼を担い、ヘルスケア分野における新たな機会を開拓することができる。

研究開発: 免疫比濁試薬の性能と汎用性を高めるための研究開発への継続的な投資は、新たな機会を生み出す可能性がある。これには、より広範な分析対象物を検出し、感度と特異性を向上させる試薬の開発が含まれる。

診断の自動化 検査室における診断プロセスの自動化は増加傾向にある。自動化システムと互換性のある免疫比濁試薬を開発することで、検査手順の合理化を目指す顧客を増やすことができる。

遠隔医療と遠隔モニタリング: 遠隔医療や遠隔患者モニタリングの普及は、特に慢性疾患の遠隔診断やモニタリングに免疫比濁試薬が使用される機会をもたらす。

まとめると、免疫比濁試薬市場は、診断検査需要の増加や医療の進歩などの要因によって牽引されているが、高コストや規制上のハードルによる挑戦に直面している。しかし、機会は新興市場個別化医療、研究開発投資、診断の自動化、遠隔医療や遠隔モニタリングの利用拡大などにある。

 

図.   免疫比濁試薬の世界市場規模、上位5社で全体の53.4%を占める

QYResearchの調査に基づいているか、含まれています: 免疫比濁試薬の世界市場レポート 2023-2029.

 

本レポートでは、DANAHE、RRoche、Siemens Healthcare、Abbott、Mindray Medical、Beijing Strong Biotechnologies, Inc、FUJIFILM、Randox Laboratories、Medicalsystem Biotechnology Co.

2022年には、世界の免疫比濁試薬の上位5社が売上高で市場シェアの53.4%を占める。上図は、免疫比濁試薬の売上高でランク付けされた主要プレイヤーを示している。

 

 

 

 

 

著者について

Tongtong Niu - 筆頭著者

 

 

 

QYResearchについて

QYResearchは2007年に米国カリフォルニア州に設立された世界的な市場調査とコンサルティングのリーディングカンパニーです。16年以上の経験と世界各都市の専門調査チームにより、QYResearchは経営コンサルティング、データベース、セミナーサービス、IPOコンサルティング、業界チェーン調査、カスタマイズ調査に重点を置き、クライアントに非線形収益モデルを提供し、成功に導くお手伝いをしています。QYResearchは、その幅広いサービスポートフォリオ、良き企業市民としての姿勢、持続可能性への強いコミットメントにより、世界的に認められています。現在までに、世界5大陸で60,000社以上のお客様とお取引をさせていただいております。皆様とともに、大胆でより良い未来を築いていきましょう。

QYResearchは世界的に有名な大規模コンサルティング会社です。半導体産業チェーン(半導体設備と部品、半導体材料、IC、ファウンドリー、パッケージングとテスト、ディスクリートバイス、センサー、オプトエレクトロニクスデバイス)、太陽光発電産業チェーン(設備、セル、モジュール、補助材料ブラケット、インバーター発電所端末)、新エネルギー自動車産業チェーン(電池と材料、自動車部品、バッテリー、モーター、電子制御、自動車用半導体など)、通信産業チェーン(通信システム設備、端末設備、電子部品、RFフロントエンド、光モジュール、4G/5G/6G、ブロードバンド、光通信モジュール)、通信産業チェーン(通信システム設備、端末設備、電子部品、RFフロントエンド、光通信モジュール、4G/5G/6G、ブロードバンド、光通信モジュール)など、様々なハイテク産業チェーンの市場セグメントをカバーしています。 通信産業チェーン(通信システム設備、端末設備、電子部品、RFフロントエンド、光モジュール、4G/5G/6G、ブロードバンド、IoT、デジタル経済、AI)、先端材料産業チェーン(金属材料、高分子材料、セラミック材料、ナノ材料など)、機械製造産業チェーン(CNC工作機械、建設機械、電気機械、3Cオートメーション、産業用ロボット、レーザー、産業用制御、ドローン)、食品・飲料・医薬品、医療機器、農業など。

■レポートの詳細内容・無料サンプルお申込みはこちら
https://www.qyresearch.co.jp/reports/731724/immunoturbidimetry-reagents 

 

■世界トップレベルの調査会社QYResearch
https://www.qyresearch.co.jp

■本件に関するお問い合わせ先
QY Research株式会社

日本現地法人の住所: 〒104-0061東京都中央区銀座 6-13-16 銀座 Wall ビル UCF5階
TEL:050-5893-6232(JP);0081-5058936232
マーケティング担当 japan@qyresearch.com 

 

ヒドロキシエチルメタクリレート(HEMA)の市場動向および予測:タイプ別、アプリケーション別、会社別、地域別2023-2029

 

 

ヒドロキシエチルメタクリレート(HEMA)市場概要

QYResearchが発行した新しい市場調査レポート「ヒドロキシエチルメタクリレート(HEMA)の世界市場レポート 2023-2029年」によると、ヒドロキシエチルメタクリレート(HEMA)の世界市場規模は2029年までに668百万米ドルに達し、予測期間中の年平均成長率は3.3%と予測されています。

図.   ヒドロキシエチルメタクリレート(HEMA)の世界市場規模(百万米ドル)、2018年~2029年

QYResearchの調査に基づいているか、含まれています: 世界のヒドロキシエチルメタクリレート(HEMA)市場レポート 2023-2029.

市場の推進力:

D1: D1:APAC、特に中国の経済発展がHEMA製品の川下需要を拡大している。

D2:様々な企業が革新的で改良されたHEMA製品を開発するために研究開発活動に投資している。これは、今後数年間のHEMA市場の成長を促進すると予想される。

D3:ヒドロキシエチルメタクリレートは、幅広い川下用途に使用できる。ヒドロキシエチルメタクリレートは重合しやすく、ポリマーの生体適合性が良いため、医療用ポリマー材料としてコンタクトレンズ、人工角膜、歯科材料、整形外科材料などを製造することができます。化学工業では、ヒドロキシエチルメタクリレートは樹脂、コーティング、ゴム改質の分野で使用することができ、変性アクリル樹脂、2液型コーティング、高度な自動車塗料、合成繊維接着剤などの製品の製造に使用される。

制約

R1:ヒドロキシエチルメタクリレート(HEMA)の上流は原油に依存しており、最近の原油価格の高騰は産業チェーンを通じて市場と価格に影響を与える。

R2: Covidの大流行により、川下への需要が頻繁に影響を受けた。これにより、ヒドロキシエチルメタクリレート(HEMA)の生産量と潜在的必要量が減少する。

R3: ヒドロキシエチルメタクリレート(HEMA)市場の成長を阻害する要因はいくつかある。皮膚接触による有害作用などの阻害要因。目、皮膚、呼吸器系への刺激のような有害な影響。高い暴露レベルは、いかなる個人にとっても有毒である。この要因は、市場の成長を制限し、制限すると予想される。

 

図.   ヒドロキシエチルメタクリレート(HEMA)の世界市場規模、上位5社で全体の61.1%を占める

 

QYResearchの調査に基づいているか、含まれています: 世界のヒドロキシエチルメタクリレート(HEMA)市場レポート 2023-2029.

 

本レポートでは、三菱化学、レーム社(エボニック)、ダウ、万華鏡、日本触媒など、ヒドロキシエチルメタクリレート(HEMA)の主要プレイヤーを紹介しています。

2022年には、世界のヒドロキシエチルメタクリレート(HEMA)上位5社が売上高で市場シェアの61.1%を占める。上図は、ヒドロキシエチルメタクリレート(HEMA)の売上高でランク付けされた主要プレーヤーを示している。

図.   ヒドロキシエチルメタクリレート(HEMA)の世界市場規模、製品セグメント別内訳



 

QYResearchの調査に基づいているか、含まれています: 世界のヒドロキシエチルメタクリレート(HEMA)市場レポート 2023-2029.

 

製品タイプ別では、97%--99%が最大のセグメントで、2022年には49.5%のシェアを占める。

図.   ヒドロキシエチルメタクリレート(HEMA)の世界市場規模、用途別セグメント分割

 

QYResearchの調査に基づいているか、含まれています: 世界のヒドロキシエチルメタクリレート(HEMA)市場レポート 2023-2029.

 

製品の用途別では、塗料が最大の用途で、2022年には39.4%のシェアを占める。

図.   ヒドロキシエチルメタクリレート(HEMA)の世界市場規模、地域別内訳

QYResearchの調査に基づいているか、含まれています: 世界のヒドロキシエチルメタクリレート(HEMA)市場レポート 2023-2029.

 

 

 

 

 

著者について

Jiang Jinxiu - 筆頭著者

Jiang Jinxiuは化学産業を専門とする技術・市場シニアアナリストである。化学業界における豊富な研究経験を有し、パーフルオロポリエーテル、潤滑グリースと熱伝導オイル、トリクロロヒドルシリコン、石油ニードルコークス、ジルコニアビーズ、高強度ガラス繊維、長ガラス繊維強化ポリプロピレン、イソステアリン酸とその誘導体、ポリテトラヒドロフランなどを専門としている。技術および市場レポートの開発に従事し、カスタム・プロジェクトにも携わっている。

 

 

QYResearchについて

QYResearchは2007年に米国カリフォルニア州に設立された世界的な市場調査とコンサルティングのリーディングカンパニーです。16年以上の経験と世界各都市の専門調査チームにより、QYResearchは経営コンサルティング、データベース、セミナーサービス、IPOコンサルティング、業界チェーン調査、カスタマイズ調査に重点を置き、クライアントに非線形収益モデルを提供し、成功に導くお手伝いをしています。QYResearchは、その幅広いサービスポートフォリオ、良き企業市民としての姿勢、持続可能性への強いコミットメントにより、世界的に認められています。現在までに、世界5大陸で60,000社以上のお客様とお取引をさせていただいております。皆様とともに、大胆でより良い未来を築いていきましょう。

QYResearchは世界的に有名な大規模コンサルティング会社です。半導体産業チェーン(半導体設備と部品、半導体材料、IC、ファウンドリー、パッケージングとテスト、ディスクリートバイス、センサー、オプトエレクトロニクスデバイス)、太陽光発電産業チェーン(設備、セル、モジュール、補助材料ブラケット、インバーター発電所端末)、新エネルギー自動車産業チェーン(電池と材料、自動車部品、バッテリー、モーター、電子制御、自動車用半導体など)、通信産業チェーン(通信システム設備、端末設備、電子部品、RFフロントエンド、光モジュール、4G/5G/6G、ブロードバンド、光通信モジュール)、通信産業チェーン(通信システム設備、端末設備、電子部品、RFフロントエンド、光通信モジュール、4G/5G/6G、ブロードバンド、光通信モジュール)など、様々なハイテク産業チェーンの市場セグメントをカバーしています。 通信産業チェーン(通信システム設備、端末設備、電子部品、RFフロントエンド、光モジュール、4G/5G/6G、ブロードバンド、IoT、デジタル経済、AI)、先端材料産業チェーン(金属材料、高分子材料、セラミック材料、ナノ材料など)、機械製造産業チェーン(CNC工作機械、建設機械、電気機械、3Cオートメーション、産業用ロボット、レーザー、産業用制御、ドローン)、食品・飲料・医薬品、医療機器、農業など。

■レポートの詳細内容・無料サンプルお申込みはこちら
https://www.qyresearch.co.jp/reports/422620/hydroxyethyl-methacrylate--hema 

 

■世界トップレベルの調査会社QYResearch
https://www.qyresearch.co.jp

■本件に関するお問い合わせ先
QY Research株式会社

日本現地法人の住所: 〒104-0061東京都中央区銀座 6-13-16 銀座 Wall ビル UCF5階
TEL:050-5893-6232(JP);0081-5058936232
マーケティング担当 japan@qyresearch.com 

 

 

水素センサー調査レポート:市場規模推移、シェア、促進要因、トレンド予測2023-2029

 

 

水素センサー市場概要

水素センサーは、水素の存在を検知するガス検知器です。水素センサーは超小型の点接触型水素センサーを内蔵しており、水素漏れを検知するために使用されます。従来のガス検知器に比べ、低コストでコンパクト、耐久性に優れ、メンテナンスも容易です。

QYResearchが発行した最新市場調査レポート「水素センサーの世界市場レポート 2023-2029年」によると、水素センサーの世界市場規模は2029年までに113.5百万米ドルに達し、予測期間中の年平均成長率は15.9%と予測されています。

図.   水素センサーの世界市場規模(百万米ドル)、2018年~2029年

QYResearchの調査に基づいているか、含まれています: 水素センサーの世界市場レポート 2023-2029

図.   水素センサーの世界市場規模、上位10社で全体の74%を占める

QYResearchの調査に基づいているか、含まれています: 水素センサーの世界市場レポート 2023-2029

本レポートでは、Figaro、Honeywell、Amphenol、Membrapor、Nissha FIS、First Sensor、NTM Sensors、STANGE Elektronik、Sensirion、ProSense Technologiesなど、水素センサーの主要プレイヤーを紹介しています。

2022年には、世界の水素センサー上位10社が収益ベースで市場シェアの74%を占める。上図は、水素センサーの売上高でランク付けされた主要プレーヤーを示している。中でもFigaroは世界市場シェアの約24%を占める最大手である。

図.   水素センサーの世界市場規模、製品セグメント別内訳



 

QYResearchの調査に基づいているか、含まれています: 水素センサーの世界市場レポート 2023-2029

製品タイプ別では、電気化学式水素センサーが最大セグメントで、2022年の売上高ベースで47%のシェアを占める。

図.   水素センサーの世界市場規模、アプリケーションセグメント別分割



 

QYResearchの調査に基づいているか、含まれています: 水素センサーの世界市場レポート 2023-2029

製品の用途別では、発電所が最大の用途で、2022年には26%のシェアを占める。

 

図.   水素センサーの地域別世界市場シェア(売上高)



 

QYResearchの調査に基づいているか、含まれています: 水素センサーの世界市場レポート 2023-2029

地域別では、北米が最大の消費者市場で、市場シェアは33%、次いでヨーロッパが28%、アジア太平洋が27%となっている。

著者について

Chen - シニア・アナリスト

材料、化学、鉱物資源に5年の経験を持つシニアリサーチアナリスト。

 

 

QYResearchについて

QYResearchは2007年に米国カリフォルニア州に設立された世界的な市場調査とコンサルティングのリーディングカンパニーです。16年以上の経験と世界各都市の専門調査チームにより、QYResearchは経営コンサルティング、データベース、セミナーサービス、IPOコンサルティング、業界チェーン調査、カスタマイズ調査に重点を置き、クライアントに非線形収益モデルを提供し、成功に導くお手伝いをしています。QYResearchは、その幅広いサービスポートフォリオ、良き企業市民としての姿勢、持続可能性への強いコミットメントにより、世界的に認められています。現在までに、世界5大陸で60,000社以上のお客様とお取引をさせていただいております。皆様とともに、大胆でより良い未来を築いていきましょう。

QYResearchは世界的に有名な大規模コンサルティング会社です。半導体産業チェーン(半導体設備と部品、半導体材料、IC、ファウンドリー、パッケージングとテスト、ディスクリートバイス、センサー、オプトエレクトロニクスデバイス)、太陽光発電産業チェーン(設備、セル、モジュール、補助材料ブラケット、インバーター発電所端末)、新エネルギー自動車産業チェーン(電池と材料、自動車部品、バッテリー、モーター、電子制御、自動車用半導体など)、通信産業チェーン(通信システム設備、端末設備、電子部品、RFフロントエンド、光モジュール、4G/5G/6G、ブロードバンド、光通信モジュール)、通信産業チェーン(通信システム設備、端末設備、電子部品、RFフロントエンド、光通信モジュール、4G/5G/6G、ブロードバンド、光通信モジュール)など、様々なハイテク産業チェーンの市場セグメントをカバーしています。 通信産業チェーン(通信システム設備、端末設備、電子部品、RFフロントエンド、光モジュール、4G/5G/6G、ブロードバンド、IoT、デジタル経済、AI)、先端材料産業チェーン(金属材料、高分子材料、セラミック材料、ナノ材料など)、機械製造産業チェーン(CNC工作機械、建設機械、電気機械、3Cオートメーション、産業用ロボット、レーザー、産業用制御、ドローン)、食品・飲料・医薬品、医療機器、農業など。

■レポートの詳細内容・無料サンプルお申込みはこちら
https://www.qyresearch.co.jp/reports/519614/hydrogen-sensor 

■世界トップレベルの調査会社QYResearch
https://www.qyresearch.co.jp

■本件に関するお問い合わせ先
QY Research株式会社

日本現地法人の住所: 〒104-0061東京都中央区銀座 6-13-16 銀座 Wall ビル UCF5階
TEL:050-5893-6232(JP);0081-5058936232
マーケティング担当 japan@qyresearch.com 

 

 

水素ステーションチラー調査レポート:市場規模推移、シェア、促進要因、トレンド予測2023-2029

 

 

水素ステーションチラー市場概要

水素ステーションチラーは、水素ステーションを構成する部品である。チラーは、圧縮された水素の熱を冷却剤に伝え、その熱をディスペンスユニットから運び出し、熱交換器を通して放散させることで作動する。水素ガスを圧縮すると熱が発生し、十分に冷却されないと圧力が上昇して破裂や爆発につながるなど、安全上の問題を引き起こす可能性があるため、この冷却プロセスが必要となる。そのため、水素ステーションチラーは、水素ステーションを安全かつ効率的に運営する上で重要な役割を担っている。

QYResearchが発行した最新市場調査レポート水素ステーションチラーの世界市場レポート 2023-2029年」によると、水素ステーションチラーの世界市場規模は2029年までに95百万米ドルに達し、予測期間中の年平均成長率は51.6%と予測されています。



図.   水素ステーションチラーの世界市場規模(百万米ドル)、2018年~2029年



QYResearchの調査に基づいているか、含まれています: 水素ステーションチラーの世界市場レポート 2023-2029.

市場の推進力:

D1. 水素燃料電池車の需要増加: 水素燃料電池車を市場に投入する自動車メーカーが増えるにつれて、水素補給ステーションの需要が増加している。これが水素ステーションチラーの需要を牽引している。

D2. 政府の取り組みと規制: 世界各国の政府は、温室効果ガス排出削減の一環として、水素燃料電池車の利用を促進する取り組みや規制を実施している。これは水素ステーションチラー市場の成長にとって有利な環境を作り出している。

D3. 水素インフラへの投資拡大: 水素補給ステーションを含む水素インフラ整備への投資が拡大している。これは水素ステーションチラーの需要を促進すると予想される。

D4. 技術の進歩: 水素ステーションチラーに使用される技術には、効率や信頼性の向上を含め、大きな進歩が見られる。このことが水素ステーションチラーの魅力を高めている。

 

制約:

水素ステーションチラーの市場制約は、設置とメンテナンスのコストが高いことである。水素ステーションは、水素ガスを冷却・圧縮して貯蔵・供給するために、チラーを含む特殊な機器を必要とする。これらのチラーは設置やメンテナンスにコストがかかるため、水素ステーション市場の成長を制限する可能性がある。

また、水素燃料電池自動車の普及が限定的であるため、水素ステーションへの需要が減少し、冷凍機の必要性が低下することも、市場の制約となる可能性がある。さらに、水素ステーション用のインフラはまだ発展途上であり、これも水素ステーションチラー市場の成長を制限する可能性がある。

 

トレンド:

水素ステーションチラー市場の大きなトレンドのひとつは、再生可能エネルギーの採用が増加していることである。現在、多くの水素充填ステーションは、太陽光発電風力発電などの再生可能エネルギー源を動力源としている。これは、温室効果ガスの排出削減と持続可能なエネルギー源の推進という世界的なトレンドに沿ったものである。

市場のもう一つのトレンドは、よりコンパクトで効率的な水素ステーションチラーの開発である。メーカー各社は、より小型でメンテナンスの手間が少なく、エネルギー効率の高い冷凍機の開発に注力している。これにより、水素充填ステーションの運営コスト全体が削減され、より幅広い顧客が水素充填ステーションを利用できるようになると予想される。

さらに、発電や工業プロセスなど、輸送以外の用途でも水素を燃料として使用する傾向が強まっている。このため、こうした他の用途でも水素ステーションチラーの需要が高まると予想される。

 図.   水素ステーションチラーの世界市場規模、上位5社で全体の50%を占める



QYResearchの調査に基づいているか、含まれています: 水素ステーションチラーの世界市場レポート 2023-2029.

 

本レポートでは、KUSTEC、ORION Machineryといった水素ステーションチラーの主要プレーヤーを紹介しています。

2022年、世界の水素ステーションチラーの上位5社は、売上高で市場シェアのxx%を占める。上図は、水素ステーションチラーの売上高ランキングを示したものである。

 

 

図.   水素ステーションチラーの世界市場規模、製品セグメント別内訳



 

QYResearchの調査に基づいているか、含まれています: 水素ステーションチラーの世界市場レポート 2023-2029.

 

製品タイプ別では、空冷式チラーのシェアが65%と大きい、

 

図.   水素ステーションチラーの世界市場規模、用途セグメント別構成比



 

QYResearchの調査に基づいているか、含まれています: 水素ステーションチラーの世界市場レポート 2023-2029.

 

製品の用途別では、70MPa水素ステーションが大きく、xx%のシェアを占めている。,

 

 

図.   水素ステーションチラーの世界市場規模、地域別構成比(生産量)



 

QYResearchの調査に基づいているか、含まれています: 水素ステーションチラーの世界市場レポート 2023-2029.

 

 

 

 

図.   水素ステーションチラーの世界市場規模、地域別内訳



 

QYResearchの調査に基づいているか、含まれています: 水素ステーションチラーの世界市場レポート 2023-2029.

 

 

 

 

 

About The Authors

Hui Liang

 

 

Xiaohu Tan

研究分野: 再生可能エネルギー、ソーラー機器、水素エネルギー機器など

研究分野: 再生可能エネルギー太陽光発電風力発電半導体など

 

 

QYResearchについて

QYResearchは2007年に米国カリフォルニア州に設立された世界的な市場調査とコンサルティングのリーディングカンパニーです。16年以上の経験と世界各都市の専門調査チームにより、QYResearchは経営コンサルティング、データベース、セミナーサービス、IPOコンサルティング、業界チェーン調査、カスタマイズ調査に重点を置き、クライアントに非線形収益モデルを提供し、成功に導くお手伝いをしています。QYResearchは、その幅広いサービスポートフォリオ、良き企業市民としての姿勢、持続可能性への強いコミットメントにより、世界的に認められています。現在までに、世界5大陸で60,000社以上のお客様とお取引をさせていただいております。皆様とともに、大胆でより良い未来を築いていきましょう。

QYResearchは世界的に有名な大規模コンサルティング会社です。半導体産業チェーン(半導体設備と部品、半導体材料、IC、ファウンドリー、パッケージングとテスト、ディスクリートバイス、センサー、オプトエレクトロニクスデバイス)、太陽光発電産業チェーン(設備、セル、モジュール、補助材料ブラケット、インバーター発電所端末)、新エネルギー自動車産業チェーン(電池と材料、自動車部品、バッテリー、モーター、電子制御、自動車用半導体など)、通信産業チェーン(通信システム設備、端末設備、電子部品、RFフロントエンド、光モジュール、4G/5G/6G、ブロードバンド、光通信モジュール)、通信産業チェーン(通信システム設備、端末設備、電子部品、RFフロントエンド、光通信モジュール、4G/5G/6G、ブロードバンド、光通信モジュール)など、様々なハイテク産業チェーンの市場セグメントをカバーしています。 通信産業チェーン(通信システム設備、端末設備、電子部品、RFフロントエンド、光モジュール、4G/5G/6G、ブロードバンド、IoT、デジタル経済、AI)、先端材料産業チェーン(金属材料、高分子材料、セラミック材料、ナノ材料など)、機械製造産業チェーン(CNC工作機械、建設機械、電気機械、3Cオートメーション、産業用ロボット、レーザー、産業用制御、ドローン)、食品・飲料・医薬品、医療機器、農業など。

■レポートの詳細内容・無料サンプルお申込みはこちら
https://www.qyresearch.co.jp/reports/769625/hydrogen-refueling-station-chiller 

 

■世界トップレベルの調査会社QYResearch
https://www.qyresearch.co.jp

■本件に関するお問い合わせ先
QY Research株式会社

日本現地法人の住所: 〒104-0061東京都中央区銀座 6-13-16 銀座 Wall ビル UCF5階
TEL:050-5893-6232(JP);0081-5058936232
マーケティング担当 japan@qyresearch.com